【スペースワールド閉鎖】年間フリーパスの料金払い戻しはある?閉鎖の理由は?

スペースワールド 閉園
本日12月16日に1990年創業の福岡県北九州市のテーマ―パーク『スペースワールド』が2017年12月31日を持って閉園することが発表されました。

スペースワールドと言えば、最近魚を氷漬けにしたスケートリンクなどが問題になりましたが、その影響もあったのでしょうか?

この記事ではスペワ閉鎖の理由と年間パスポートの料金の払い戻しはあるのかなどについて紹介していきます!

スポンサーリンク

スペースワールド閉鎖の理由は?

スペースワールドの現状ですが、1990年4月22日に建設され、当時世界最高の傾斜角度とスピードを持ったジェットコースター『流星ライナータイタン』などが有名になり、1997年には216万人もの来場者がいましたが、その後ピークを過ぎ、2011年には159万人、2012年には164万人となっています。

ただ、一見黒字を維持しているかのように思えたのですが、今回の閉鎖の理由は『経営難』が理由だそうです。

また、つい最近、目玉企画だった魚のスケートリンクも起死回生の策でしたが、批判により打ち切りになりました。

思い出ある地だけあって、閉園を悲しむ声も多いようですが、残念ながら今のところ確定のようです。

スポンサーリンク

年間フリーパスの料金払い戻しはある?

気になるのは、年間フリーパスの料金払い戻しはあるのかということです。

これについて、スペワ公式では、いつ年間フリーパスを購入しようとも料金の払い戻しはないとのことです!

ちょっとこれに関しては苦情など来そうですね。

Twitterでの反応

管理人はまだ、スペースワールドに行ったことはありませんが、閉園前に一度行ってみたいですね。

スペースワールドに安く行く方法について書いた記事も後ほど投稿します!

スポンサーリンク
更新情報をこちらからチェック!


買い忘れはございませんか?