安倍晋三総理の病気『潰瘍性大腸炎』の症状と原因は!?現在の体調についても詳しく調査してみた!

安倍晋三 病気
第1次安倍内閣の時に体調不良を理由に辞任してしまった安倍晋三総理。

自宅で安静し、現在2回目の総理大臣就任で頑張っておられますが、病気は完治したのでしょうか?

今回は現在の体調も含め、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

安倍晋三総理のプロフィール

生年月日:1954年9月21日

身長:175㎝

出身地:東京都

血液型:B型

出身大学: 成蹊大学、南カリフォルニア大学

引用:かみろぐ!

潰瘍性大腸炎を発症したのは17歳の時。

自民党国体副委員長の時にまったく食事ができなくなり、3ヶ月間入院した時がもっとも症状が重くなり「癌で先は長くない」との噂がでるほどの衰弱ぶりでした。

ただ、2000年を最後に一切病気が発症しなかったため、完治したと考えられてましたが、第1次安倍内閣の時に再び再発。(潰瘍性大腸炎の原因の一つにストレスが挙げられます。)

最初は胃と腸のちょっとした痛みだけでしたが、その後下痢が止まらなくなりますます悪化していきました。

体調は最悪のまま、1回目の内閣改造を行いますが、とても政務をこなせる状態ではなく改造後の約1か月後に首相を辞任します。

直後に慶応義塾大学付属大学病院に緊急入院。

胃腸機能異常が発見され、かなり衰弱していたことが判明しました。

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎の原因と症状は!?

安倍晋三 病気1
潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に潰瘍ができる炎症性の病気で難病指定されている疾患です。

現在、日本にこの病気の患者は16万人以上いると考えられており、男女比は1:1と性別による違いはありません。

主な症状としては下痢や血便、持続的・断続的な腹痛が起こります。さらに、症状が悪化すると発熱や体重減少による衰弱など全身にまで作用を及ぼす場合があり、時には手術が必要なこともあります。

治療法としては主に、薬の投与による内科的な治療が主ですが、まだこの病気を完治するための薬は開発できていません。

新薬の「アサコール」がこの病気に対して効果的で安倍総理もこの薬を使ったようですが、残念ながら症状を抑えることはできても完治まではいかないようです。

また、これの原因ですが、はっきりとは判明しておらず、自己免疫疾患説、食生活の乱れによる説など議論が続けられています。

安倍総理の現在の体調は?

現在、2度目の総理大臣として職務に励んでおり、一見病気が完治したと見えますが、実際はまだ完治には至っておらず症状もまだ深刻だそうです。

現在はステロイドなどを含む強力な薬で抑えていますが、この薬の副作用もかなり大きいと言われています。(吐血したとの情報がありますがこれの副作用?)

さらに、安倍総理は元々、肉やお酒が大好物!

安倍晋三 病気2

潰瘍性大腸炎にはこういった脂身の多い食事やアルコールは厳禁で、さらに現在首相として激務な状態にあるため、また再発するのではと噂があがっています。

一国の首相として大変頑張ってくれているのは本当にありがたいですが、どうか体調に気を付けていただけることを祈っています。

スポンサーリンク
更新情報をこちらからチェック!


買い忘れはございませんか?