【覚せい剤】槇原敬之がまた逮捕!使った理由は?歌詞が意味深すぎる!?

女優の沢尻エリカ容疑者に続き、またもや大スター歌手の槇原敬之さんが逮捕されました!

槇原敬之容疑者は1999年8月にも覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕され、懲役1年6月(執行猶予3年)の判決を受けていました。

これで2度目の逮捕となってしまいましたが、今回は使用した理由と歌詞が意味深すぎることなどについて掘り下げていきます!

スポンサーリンク

槇原敬之がまた逮捕!

歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤を所持していたなどとして、13日警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは歌手の槇原敬之容疑者(50)です。

警視庁によりますと平成30年4月、港区のマンションで覚醒剤を含む粉末0.083グラムを所持していた疑いなどが持たれています。

スポンサーリンク

使用した理由は?

気になるのが、再度覚せい剤を使用してしまった理由ですよね。

99年に逮捕された際は裁判で「もう一度初心に帰ってよい音楽を作ることでファンの皆さんに迷惑をかけたつぐないをしたいと思っています」と話しており、復帰した際も新聞で「槇原敬之は元気です」という一面広告を出していました。

もう使用することはないと世間では思われていたはずですが、やはり覚せい剤の魔力には勝てなかったようです。

覚せい剤の再犯率は6割を超え、大きな問題になっています。

使用してしまう理由としては薬物の離断症状の苦しみから逃れるための「身体依存」、脳が薬物の快感を忘れることができず使用してしまう「精神依存」があります。

また槇原さんはスター歌手として活躍しており、そのプレッシャーも大きかったのではないでしょうか?

今回、2度目の使用で今度ばかりは執行猶予なしの実刑判決になってしまうかもしれませんが、また素晴らしい音楽を届けてくれることを祈っております。

歌詞が意味深すぎる?

歌詞が意味深すぎるのは「僕が一番ほしかったもの」という曲ですね。

きっと違うんだとは思いますが、今の状況を見るとそう捉えられても仕方ないかもしれません。

みんなの反応

スポンサーリンク
更新情報をこちらからチェック!