ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』のあらすじ、キャストは!?原作のネタバレ、放送日も紹介!

ホクサイと飯さえあれば4
ご飯大好き女子大生・山田文子(通称ブン)と彼女のぬいぐるみ・ホクサイが北千住の町でアイディア満載の料理を作る『ホクサイと飯さえあれば』が実写ドラマ化!

この記事ではあらすじや出演キャスト、原作のネタバレや放送日などについて紹介していきます!

スポンサーリンク

あらすじ

物語の舞台は東京・北千住。

大学進学のために東京に上京してきた山田文子(ブン)としゃべるぬいぐるみ?・ホクサイと共に創意工夫した料理を作っていきます。

毎回、オリジナルの料理が登場するのですが、どれも普通じゃ思いつかないような料理で現在自炊している管理人もちょっと作品に出てきた料理を作ってみたくなりました。

この作品は同名の作品『ホクサイと飯』の8年前を描いた作品でこのころはまだ希望に満ち溢れた感じです。(笑)

また、ドラマの主演は『君の名は。』のヒロイン・宮水三葉の声優を務めた上白石萌音さんに決定!

今度は女優としてどんな演技をしてくれるのか楽しみですね!

スポンサーリンク

出演キャスト

上白石萌音さん、池田エライザさんの出演が決定!

他の出演キャストについてはわかり次第更新します。

山田文子(ブン)/上白石萌音

ホクサイと飯さえあれば3

ホクサイと飯さえあれば2

ご飯が大好きで常に食べることが頭から離れない女子大生・ブン。

演じるのは君の名はの三葉の声優を務めた上白石萌音さんで主演を務めるのは初めて!

ちなみに、大河ドラマ『「江〜姫たちの戦国〜』にて女優デビューを果たしています。

管理人も君の名はを見に行きましたが、三葉の声はとても好きだったので今度は実写でどんな演技をしてくれるのか楽しみです!

有川絢子(ジュン)/池田エライザ

ホクサイと飯さえあれば1

ホクサイと飯さえあれば 6

ブンと同じくおいしいものには目がない女子大生・有川絢子(ジュン)。

ブンと同じ大学に通っており、コミュ力が高い。

池田エライザさんはフィリピン人の母と日本人の父を持つハーフで現在は『CanCam』の専属モデル。

『高校デビュー』にて女優デビューを果たします。

ちなみに、テレビに出る前からTwitterを始めており、現在フォロワー数は43万人を突破しています。

原作のネタバレ

『ホクサイと飯さえあれば』はどの話も1話完結なので、たいしたネタバレはできませんがとにかく、ブンがおいしい料理を求めて奔走するお話です。

8年後のブンを描いた作品『ホクサイと飯』ではブンは1人暮らしで漫画家として活動しています。

漫画家として日々締め切りや編集に追われる姿も描かれており、相変わらず日々のご飯が生きがいになっているようです。

放送日は?

『ホクサイと飯さえあれば』はMBS、TBSのドラマイズム枠にて放送されます。

MBS:1月22日スタート、毎週日曜 深0:50

TBS:1月24日スタート、毎週火曜 深1:28

また、放送に先駆けて、特番である『ホクサイと飯さえあれば-上京・新居飯計画編-』がMBSでは1月15日(0:50より)、TBSでは17日(1:28より)に放送されるのでお見逃しなく!

本作は食ドラマですが、食事シーンが一切ないという従来の食ドラマとはちょっと異なるドラマです。

どんな風になるのか楽しみですね。

スポンサーリンク
更新情報をこちらからチェック!


買い忘れはございませんか?